読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・Wuppertal留学日記

2016年10月から2017年3月頃まで、再度留学する機会に恵まれました。前回に引き続き、大学の様子や体験などを書き残していこうと思います。

(2016年12月2日(金):曇り/晴れ) 寿司パーティ

今日は授業終了後、友人に誘われて寿司屋に行くことになりました。

トルコのMくんが最近初めて寿司を食べたらしく、もっと色々な和食を食べてみたいということになったのだそうです。

和食といえばデュッセルドルフということで、日本の友人一人とMくん、さらにイラン人の友人も交えて4人で寿司屋探しに向かいました。
Immmermann Strasseという日本食や日本の本屋などが立ち並ぶことで有名な通りがあるのですが、そこで「Okinii」という寿司屋を見つけて入りました。

ランチは15.90ユーロで食べ放題という素晴らしいシステムで、寿司を始めとして天ぷら、たこ焼き、焼きそば、餃子、枝豆、焼き鳥などと日本の居酒屋にありそうなメニューも揃っていました。
和食を色々紹介したいということで、寿司を一通り注文しただけでなく、サイドメニューも一通りチャレンジすることになりました。
Mくんは箸の使い方に苦戦していましたが、和食が気に入ったようで喜んでいました。が、それも最初の30分で、次々に運ばれてくる揚げ物や焼き物を見て「君たちは僕を殺す気なのか?」などというくらいに満腹感に苦しめられていました。実のところ他人事ではなく、こちらもやや注文し過ぎたなと反省してしまうくらいに苦しくなってきました。何とかして全て食べ切りましたが、この店のシステムは食べ残しに対して罰金を科すというものだったため、危ないところでした。

その後、あちこち散歩をして中央駅へ帰りました。僕と日本の友人はその後ケルンへ行って、別の友人たちと合流してクリスマスマーケット観光をすることになっていました。

ケルンは大聖堂の周りだけでなく、5~6箇所でクリスマスマーケットが開かれており、一通り見て回るのは中々骨が折れます。結局22時過ぎまでかけて4箇所ほど見て回ったのですが、ヴッパタールにはないような店も多く、またこれまで見たことのない雰囲気の市場もあり楽しむことができました。

とはいえ、最近歩き回って観光してばかりで疲れてしまうことが多いです。繰り返し書いてはいますが、やはり私は体力がないようです。